黒人銃撃の影響で試合をボイコットした大阪なおみ。迷惑行為に批判殺到…。

トレンド
スポンサーリンク

大阪なおみ選手がボイコットした背景には

ウィスコンシン州で8月23日に発生した

黒人男性が警官に背後から銃撃された事件に抗議するねらいがありました。

当時の大阪なおみ選手のコメントを見てみましょう。

大阪選手の意見

大坂選手は自身のTwitter上で

私はアスリートである前に、黒人女性です。今はテニスをするよりも重要なことがあるように感じています」

とコメントし、この銃撃事件を軽く見てはいけないという姿勢を貫きました。

 このような動きはアメリカのスポーツ界で広がっており

プロバスケットボールやメジャーリーグのチームが

同じように試合をボイコットするなど、その波紋は広がっています。

アメリカの意見

先述の通り、アメリカのスポーツ界では

同じように試合をボイコットしている様子が見られます。

これは、大阪なおみ選手の行動をリスペクトしているとも言えるでしょう。

自分の考えを行動で示すことのできる大阪選手に

まさに一流のアスリートだと評価されています。

しかし、日本では少し違う意見が寄せられました。

日本の意見

アメリカでは大阪選手の行動を尊重する声があがる一方

日本では「人に迷惑がかからないようにするべきだった」「政治とスポーツは別物として考えるべき」

という意見が目立ちました。

アスリートも1人の人間として、自分の考え方を示すべきであるというアメリカ側の考え方と

日本の「人に迷惑をかけてはならない」というカルチャーが見事に衝突したように見えました。

当日の試合は

最終的には、大会側が配慮し

大阪選手が出場する予定だった準決勝の試合日をずらし

それに大阪選手が応じる形で落ち着きました。

大坂選手がボイコットしたことで

周囲の人に迷惑がかかってしまったことは事実です。

しかし同時に、このように大坂選手がボイコットしたことで

この事件について知ったという方も多いと思います。

まとめ

私個人的には大阪選手の意見に賛成です。

先述の通り迷惑が掛かっているのは

揺るがない事実ですが

1人の黒人女性として命の危険がないとは言い切れません。

アスリートという立場を利用して

周りの方々に改めて考えさせるという行動は称賛に値するものではないでしょうか。

そして、アフリカ系の人々に対する構造的な差別

何度も指摘されてきたにもかかわらず

今まで大きな変革が起こることはありませんでした。

ブラック・ライヴズ・マター運動が盛んなこの頃。

大阪選手自身は、自分が行動を起こすべきだと感じて

今回のボイコットを起こしたのではないでしょうか。

「人に迷惑がかからないようにするべきだった」

「政治とスポーツは別物として考えるべき」

という意見も間違いではありません。

今一度大阪選手の立場になって

考えてみてもいいかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました