この世で一番不幸な猫が宇宙一幸せな猫になった運命の出会いに涙した。

トレンド
スポンサーリンク

ブルース・ウィリスといえば、『ダイ・ハード』をはじめアクション映画で活躍する人気俳優ですが、そんな彼にちなんで「ブルース・ウィリス」と名付けられた猫が話題です。

猫のブルース・ウィリスは、まさにダイハード(どんなに不運でも簡単に死なない)な一面を持っています。

生まれてからずっと野良猫として生きており

米ミネソタ州の動物保護施設に保護されたときは

全身傷だらけで、歯は欠け、目にも損傷が。

さらに、いわゆる猫エイズ(FIV:猫後天性免疫不全症候群)など、いくつかの感染症を持っていました。

保護施設では、インスタグラムに推定6歳の

ブルースの写真が投稿されていました。

本当に悲しげで、見てても辛くなります。

目の損傷、目やにの影響でまぶたが垂れ下がっています。

毛並みもボロボロです…。

この写真を見たサンドラという女性は

「とても悲しそうに見えました」「彼の目が何かを訴えているような気がしたんです」と話しています。

サンドラはそもそもペットを飼う気がなく

ペット不可の物件に住んでいました。

しかし、どうしてもブルースがのことが気になり

保護施設にいるブルースを見に行きました。

「実際に見ると、写真より一層悲し気に見えました。私は数分で立ち去りました。かわいそうで見ていられなかったのです。でも、その後も彼の飼い主が決まらないので、何度も見に行ってしまいました」とサンドラ。

何度か訪問するうちに、ブルースの里親になることを決意したサンドラ。

唯一の問題が、アパートでのペットの飼育が許可されていないことでした。

「私は意を決して、大家さんにお願いに行きました。すると驚いたことに例外を認めてくれたんです」

すると、翌日彼女はブルースを迎えに行きました。

「数時間後、彼は私が今まで見た中で一番悲しい猫から一番ハッピーな猫になりました。一晩中ゴロゴロとのどを鳴らして甘えて私のそばを離れようとしませんでした」とのこと。

1年の月日がたち、ブルースはとても元気でハッピーな猫になっていました。

サンドラの愛情とケアのおかげで

健康を取り戻し、表情も豊かに。

View this post on Instagram

The early bird gets the Wormy🐛

A post shared by Mister Willis the Cat (@mrwillisthecat) on

サンドラとブルースが出会うのは運命だったのかもしれません。

心優しく愛情深いサンドラの元で幸せになって本当によかったです。

これからのブルースの姿にも注目していきたいですね。

出典:イミシン

コメント

タイトルとURLをコピーしました