どうしても不倫してしまう下衆共が失った大きな物。4選

トレンド
スポンサーリンク

慰謝料で大金を…。

「彼の奥さんに不倫がバレて慰謝料の請求を受けました。小さな子供がいたこともあって、慰謝料は結構な額。安月給のOLにはキツイ額で、もう二度と不倫なんてしないと思いました」(26歳女性/会社員)

ライブドアニュースより引用

不倫がバレれば当然慰謝料は発生します。

不倫に対する慰謝料は、男性が支払うイメージがありますが

もちろん女性でも払うことになります。

不倫なんてするものではないと、気づくのが遅すぎましたね。

仕事も家も…。

「職場の上司と不倫関係が社内でバレて、いづらくなった私は会社を辞めました。次のあてもなく辞めたので、家賃を払うこともできず、無職状態で実家に戻りました。職なし・家なしで、人生のどん底に落ちましたが全て自分の責任」(28歳/家事手伝い)

ライブドアニュースより引用

職場内での不倫は特に失うものが多いようです。

いくら上司であれ、リスクを避けた方が賢明ですよね。

軽い気持ちで乗ってしまうのはやめましょう。

不倫相手さえも…。

「不倫をしていたときのこと。なんと彼には、私以外にも不倫相手がいることが判明。裏切られてショックだったのはもちろん、自分も不倫している相手を責められないままフラれてしまうことになりました」(27歳女性/サービス業)

ライブドアニュースより引用

被害者ヅラしていますが、この方に反論する余地はありません。

責めていいのは被害者である妻だけ。

このように不倫は何も生みません。

最終的には自分が傷ついて終わるのです。

婚期を逃す…。

「20代の初めにお付き合いしたのは、10歳年上の既婚者。
優しくてお金も余裕があり、同年代の男子にはない魅力にどんどんハマってしまいました。

不倫をしているという背徳感もほどよい刺激になり、気がつけばお付き合いは5年以上!
彼は離婚する気はなく、結婚願望の出てきた私は、お別れすることにしました。

しかし、何人かお付き合いした独身男性とはいまいち盛り上がらず、気がつけばまた違う男性と不倫の関係に……。
余裕のある既婚者の魅力から、抜け出せません」(37歳/銀行員)

婚カツより引用

既婚者の魅力にハマってしまい、中々抜け出せない…。

という方も珍しくありません。

早く不倫沼から抜け出さないと、一生独身のままでいることに。

残るものは、後悔だけです。

結婚適齢期を逃してしまうことになりかねません。

不倫で失ったものまとめ

いかがだったでしょうか。

不倫のメリットは一時の快楽ですが…。

デメリットは計り知れません。

メリットに対し、デメリットの方が大きすぎます。

そもそも人としてやってはいけないことです。

「自分は大丈夫!」と思っているそこのあなた。

必ずバレる日がきますからね…。

出典:ライブドアニュース婚カツ

コメント

タイトルとURLをコピーしました