教室で男児が突然「心肺停止」に…先生とクラスメイトの過ごした15分間がこちら…。

トレンド
スポンサーリンク

事件は突然起きた…

学校によると、9月24日午後0時20分ごろ、教室で給食の食器を片付けていた男子児童が突然倒れ、心肺停止の状態になった。児童は心臓に疾患があった。

 「田上先生、来て下さい!」。担任の別府教諭から大声で呼ばれた田上講師は隣の教室から駆けつけ、心臓マッサージを始めた。異変に気付いて現場に来た黒木講師は玄関までAEDを取りに行き、久木元教諭は119番通報。クラスメートの1人は教室の電話から職員室に事態を報告した。

HUFFPOSTより引用

突然倒れ、心肺停止状態になったそうです。

迅速に教師たちは状況を把握し、

クラスメートも職員室に急いで報告したそうです。

教師の方たちもそうですが

クラスメートも協力できたというのは素晴らしいことですね。

15分後に…。

 AEDが到着すると、隈本教諭が児童に電極パッドを装着し、電気ショックを与えた。田上講師が心臓マッサージを再開し、吉瀬養護教諭が児童の名を呼びかけていると、意識が回復。男性教員が児童を担架で運び、救急隊に引き渡した。約15分間の救助劇だった。

HUFFPOSTより引用

15分で救急隊はきてくれたそうです。

無事意識も回復し、本当によかったです。

果たして、その児童に後遺症はあったのでしょうか。

見ていきましょう。

児童に後遺症は…

児童に後遺症はなく、現在も通学しているという。市消防局によると、心肺停止になった人に救命処置をしなかった場合、生存率は約3分後で25%。救急隊が現場到着に要する平均時間の約9分後には10%まで下がるという。

HUFFPOSTより引用

後遺症はなく、現在も通常通り通っているそうです!

本当によかったですね。

救命処置をしなかった場合のことを考えると

寒気がしますね。本当に優秀な教師たちでよかったです。

そして、教師たちには感謝状が送られました!

感謝状が送られた

 感謝状を受けたのは、江南小に勤める久木元成行(まさゆき)教諭、別府貴裕教諭、隈本加津美教諭、黒木静香講師、田上政宏講師、吉瀬恵子養護教諭の男女6人。

HUFFPOSTより引用

本当によかったですね。

児童もこの6人の先生方に感謝しなければなりませんね!

命の恩人と言っても過言ではありません。

もしものことが起こらず、安心しました。

それでは、まとめに入ります。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、心肺停止した児童を教師6人が救命したというお話でした。

児童が無事で安心です。

もう次は起きないでほしいことですね。

健康体でいてほしい限りです。

何かあった時、咄嗟に行動できる方はかっこいいと思います。

出典:HUFFPOST

コメント

タイトルとURLをコピーしました