専業主婦の仕事の多さを表した投稿が話題になるも、反論されて大炎上…。

トレンド
スポンサーリンク

サラリーマン側の目線で見ると、働く必要がなくて、楽でいいなぁなんて思われがちな専業主婦。

しかしTwitter上に「専業主婦バカにすんな」という声と共に投稿されたある一枚の画像が話題になっています。

実際にその画像をご覧ください!

サラリーマンからしたら想像がつかない仕事量です。

見えない所で、専業主婦はこんなにも重労働を強いられているのが分かります。

一方でサラリーマンの方はというと

呑気に出勤し、仕事が終わったら飲み会、(時には浮気も…。)帰ったら寝るだけじゃないの?と皮肉が込められています…。

この投稿に対し、サラリーマン側から「サラリーマン馬鹿にすんな」と言わんばかりの反論が投稿されました。

現実は悲しい。朝早く満員電車に揺られ、会社では上司に怒鳴られ、時には昼食を抜き、仕事を辞めたいと悩むも相談できる人は誰もおらず。

しまいには残業の挙句深夜に帰宅。

そんなサラリーマンが抱えているストレスが物語られています。

サラリーマンだって楽じゃねえんだよ!という思いが伝わってきます。

この一連のやり取りに対し、Twitter上では様々な意見が寄せられました。

私個人的には、お互い立場を入れ替えてみることを提案したいですね。

両者の気持ちがわかるようになれば、このような争いは起きないかと。

それぞれ目に見えない所で苦労があるものです。

また、こういった分断が何故起きるのかを表した漫画もあげられています。

Image

男性はサラリーマン、女性は専業主婦であるべきという価値観に縛られていた日本。

この議論はジェンダーの問題にも深く関わっているのでは。

もしかすると、コロナ禍において、今までやってこなかった家事や育児、仕事をやってみて、お互いの大変さを理解できたという方もいるかもしれません。

当然ながら、どちらの方が大変か、

苦労してるか、努力しているのかという議論は

不毛でしかありません。

先述の通り、お互い目に見えない所で苦労しているのです。

お互い分かり合える日が来るといいですね。

出典:イミシン

コメント

タイトルとURLをコピーしました