「無知は罪」放置された炭。キャンパーの注意喚起にネット民が騒然とした。その詳細はこちら…。

トレンド
スポンサーリンク

とあるキャンパーが

近年、再び人気が高まっているアウトドアレジャー。日本オートキャンプ協会の発表では、2013年からキャンプ人口は毎年、増加傾向にあるといいます。

しかし、キャンプ人口が増える一方である問題も。

2020年11月1日、りょーきゃん(@r_camping_photo)さんがツイートした投稿が反響を呼びました。

grapeより引用

キャンプが最近人気になってきているようですね!

しかし、ある問題も増えているのだといいます。

一体どのようなことが起きてしまったのでしょうか。

見ていきましょう。

「拡散力のある皆様、お願いします」

これは私も知りませんでした。

「炭」は自然にはかえらないのですね。

キャンプをする際はしっかり意識していきたいところです。

何故炭を放置してはいけないのか、

更に具体的に説明してくださっていますので

こちらも見ていきましょう!

何故炭を放置してはいけないのか

思ったより熱を持ち続けるようです。

仮に燃え上がったら危険ですよね。

自然にかえらないものだとしたら

キャンプ場を整備している人からしたらゴミであるのは

当然ですよね。

分かりやすくて大変助かりますね!

このツイートには多くの声が集まりました。

ネットの声

・キャンプをしたことがないので知りませんでした。炭は土をかぶせればいいのかと思ってました。

・最近バーベキューをして、知人が「炭は土にかえるからその辺に捨ててと」いわれたので、捨ててしまいました。無知は罪。情報をありがとうございます。

・自宅のバーベキューで使った炭は、砕いて灰と一緒に土に入れます。砕いた炭は土にかえりませんが、気孔が多いので、土壌改良に役立ちます。

grapeより引用

やはり知らなかった方が多いようですね。

まさに、無知は罪。

これからキャンプをするという方は、必ず炭を処理していきましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか。

この情報は知らなかった方も多いと思います。

キャンプをする際は、必ず炭を処理してから帰るように徹底しましょう!

せっかく楽しみなキャンプですから、

誰にも迷惑はかけないように楽しみたいですね!

もし知らない方が周りにいたら、教えてあげるのも良いかもしれませんね!

出典:grape

コメント

タイトルとURLをコピーしました