ランボルギーニが時速230キロで高速道路を爆走ww運転の謎が解けた時、衝撃が走る…。

トレンド
スポンサーリンク

イタリア州で事件は起きた…。

日本や海外の警察が、高級車やスポーツカーをパトカーとして使用するのはそう珍しくないが、それ相応の理由があった。

イタリアの州警察は、ランボルギーニのパトカーで、腎臓を運搬するという緊急ミッションを遂行した。

HUFFPOSTより引用

腎臓を素早く運搬するため、ミッションを遂行したそうです。

ランボルギーニで運搬とは…それだけでもうかっこいいですよね。

実際の動画がありますので、見ていきましょう!

実際の様子

こちらが実際の動画になります。

動画でも早いのがわかりますね!

無事ミッションが成功されてよかったです!

果たして230キロで走るとどうなるのか?

次で紹介していきます!

どのくらいの距離を何分で…?

Hotcarsによると、10月20日に行う手術のために必要な腎臓を早急に運ぶ必要があった。ランボルギーニのパトカーは、腎臓の受け取りと運搬で、イタリア北部のパドバから中部ローマへと大移動。計約500キロの距離を、平均時速約230キロで疾走し、2時間余りで到着したという。

HUFFPOSTより引用

500キロを2時間余りで到着!?

とんでもないスピードですね。

通常では考えられませんし

運転している方も尋常じゃない能力を持っています。

驚きましたね…。

実際は…

Irish Timesによると、地元自治体から「臓器を時間内に届けることができない」と要請があったという。

警察車両として使用されているランボルギーニウラカンは、3.2秒で時速100キロに到達し、最高時速は325キロに到達する。車両前部に冷蔵スペースを備えた特別仕様車で、臓器などの緊急運搬車両としても使用されているという。

HUFFPOSTより引用

警察車両としてのランボルギーニ、かっこよすぎます。

車好きにはたまらないかっこよさですね。

3.2秒で時速100キロにまでなるのも考えられません。

日本で同じことが起きた場合

日本では交通量の多さ含め

凄く早いパトカーでも無理とのこと。

イタリアだからこそできた技なのですね。

滅多にみられない現場を見ることができて、圧倒されました。

まとめ

いかがだったでしょうか。

警察車両がランボルギーニで

それを腎臓の運搬に使い、230キロで走るという

日本では考えられないことが起きていたそうです。

実際に230キロなんて出さないでくださいね。

つかまりますし、先ず出せませんが。

警察だからこそ為せる技です。

私たちは、安全運転を心がけましょう!

出典:HUFFPOST

コメント

タイトルとURLをコピーしました