「鬼滅の刃」の残酷なシーン…一体親は子にどう説明するべきなのか。

トレンド
スポンサーリンク

鬼滅の刃は残酷な描写が…

大ブームの裏で、ネット上を中心に議論されていることがある。「『鬼滅の刃』は子どもに見せるには残虐な描写が多いのではないか?」という問いについてだ。たしかに人間と鬼の闘いを描いた作品である以上、流血は避けて通れない。劇中では生首が飛び、時には人体が内側から破裂するような描写まである。主人公が家に帰ったら、家族がほとんど全員亡くなっていたという序盤の展開も、子供にとっては非常にショッキングなものだろう。

niftyニュースより引用

子どもたちにも人気なアニメですが

かなり残酷な描写が多いです。

小さな子どもにはトラウマになるほどのシーンも存在します。

このような描写には保護者もこんな声をあげていました。

保護者も…

「子供が『鬼滅の刃』に興味を持っているが、見せていいものか迷っている」という保護者の声は多く、「残虐な描写のせいで子供が夜泣きするようになってしまった」といった声も一部にはある。

niftyニュースより引用

実際にトラウマになってしまった子もいるようです。

やはり小さすぎる子には早いと思います。

小学生ならまだましかもしれませんが…

そもそも鬼滅の刃のレイティングはいくつなのでしょうか?

次で見てみましょう。

鬼滅の刃のレイティング

「公開中の劇場版『鬼滅の刃』のレイティングはPG12です。つまり、12歳以下の子供に視聴させる場合は、保護者の助言や指導が必要です。見せっぱなしは良くありません。その理由として、まず、暴力シーンに曝露されることは、その後の子供の心にネガティブな影を落とします。攻撃的な行動や考え方、怒りの感情などに関連すると多くの研究で報告されています。

niftyニュースより引用

12歳以下の子どもに視聴させる場合は、保護者の助言や指導が必要とのこと。

やはり子ども1人では見せられないですね。

とても面白いアニメとはいえ、そのようなシーンがあるだけでも

子どもにとって悪影響を与えてしまいます。

そもそも鬼滅の刃は…

 もちろん、「日本一慈しい(やさしい)鬼退治」というキャッチフレーズの通り、『鬼滅の刃』は、他者への思いやりや友情といったポジティブなメッセージを伝える作品だ。だからこそ、大勢の読者を涙させ、感動させ、勇気づけてもいる。しかし、まだストーリーを読み取ることが難しい小さな子供にとっては、残虐な描写ばかりが印象に残ってしまいかねない。

niftyニュースより引用

12歳以上であれば、ストーリーを理解できるかもしれませんが

やはり小さな子どもだと、

残酷なシーンが焼きついてしまうことになりかねません。

見せるとしても、それなりに保護者のケアが必要ということですね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

鬼滅の刃は社会現象になるほどの大人気アニメ。

それゆえ小さな子どもも興味を持ち、

その結果子どもたちにトラウマを与えかねない…

子どもに見せる場合は、保護者の配慮が必要になってきますね。

出典:niftyニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました