大阪万博のロゴマークが気持ち悪すぎるwwしかし一部では可愛いという声も…。

トレンド
スポンサーリンク

2025年に予定されている、大阪・関西万博

大阪では1970年以来55年ぶりの開催とあって、人々の期待は高まっています。

大阪万博といえば、岡本太郎(芸術家)が制作した太陽の塔

「進歩と調和」を体現するシンボルは

万博のテーマとして、長く記憶されていますよね。

そんな次の「太陽の塔」となる

2025年の万博のロゴマークがこちら!!

全5894作品の中から5作品が選ばれ

最終的にこのデザインが採用されました。

細胞(セル)を意識した球体を繋げたデザインとなっており

いのちの輝き」をテーマにされたそうです。

…ちょっとその、不気味に見えるかもしれません。

しかし、ネット上では大盛り上がり。

早速ネタにされ、色々な作品があげられています。

コロシテくん

このキャラクターについたあだ名は

なんと「コロシテくん

アニメや漫画の敵キャラに出てきそうな怪物に見えますね。笑

いかにもこの世の終わりって感じがします。

なんと想像力豊かなのでしょう。

太陽の塔とコラボ

もはや芸術の域ですね。

絵柄といい、ファンタジーな展開を連想させます。

もう食べられないかもしれない

ずっと昔からコロシテくんは存在していたのかもしれない…。

本当に似ていてビックリしますね!

製作者もキャラメルコーンを参考にしたのかも…?

ガラナの実

ガラナの実もかなり似ていますね。

なんというか、目のようなところが。笑

サラダにまで

もはや食欲がなくなります。笑

コラボメニューも現実的かもしれませんね!

立ちはだかるコロシテくん

せんとくんVSコロシテくんですね。

熱い戦いになりそうです。

「果たして、せんとくんはコロシテくんを食い止めることができるのか!?」

まとめ

わずか1日でこんなにも愛されるキャラが出てくるとは思いませんでしたね。

「太陽の塔」を超える愛されキャラになるかもしれません。

また、料理や絵、漫画、お菓子にまで見立ててしまう

ネット民の想像力は計り知れません。

これからも面白い時代になっていくこと間違いなしですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました