絶対にポカリを薄めて飲んではいけない理由がこちら…最悪いくら飲んでも熱中症になる危険も…

トレンド
スポンサーリンク

ポカリスエット公式サイトのFAQページで

薄めずにそのまま飲んで」と答えていることが話題になりました。

薄めてはいけない理由

ポカリを薄めると、「水分が吸収されにくくなる」とのこと。

大塚製薬日本スポーツ協会の

「スポーツ活動中の熱中症予防ガイドブック」では

「食塩を0.1~0.2%含んだもの」

1時間以上運動する場合は

「4〜8%程度の糖分を含んだもの」が

疲労の予防、水分補給の効果に役立つとされています。

皆さんが愛飲しているポカリスエットは

この基準を満たしている為、薄めることはオススメされていないようです。

また、薄めたポカリ(糖分が半分の飲料を摂取した場合

通常のポカリに比べて

体水分の程度が低下することが試験でわかっています。

つまり、ポカリを薄めて飲むと

水分がスムーズに吸収されないということです。

こちらは実際のQ &Aです。↓

Q.ポカリスエットは薄めると吸収スピードは変わりますか?

A.ポカリスエットは、「水分とイオン(電解質)のスムーズな吸収」を探求し、現在の内容成分に決定しています。ポカリスエットが甘いのは、水分の吸収をより速くするのに適した糖分を、適切な濃度で配合しているからです。水で薄めてしまうと「水分とイオン(電解質)のスムーズな吸収」が損なわれてしまうのでおすすめしておりません。

ポカリスエット公式サイトQ &A

Q.ポカリスエットは薄めて飲んでも熱中症対策になりますか?

A.ポカリスエットを薄めてお飲みになることはおすすめしておりません。ポカリスエットは、「水分とイオン(電解質)のスムーズな吸収」を探求し、現在の内容成分に決定していますので、水で薄めてしまうと「水分とイオン(電解質)のスムーズな吸収」が損なわれてしまう可能性があります。厚生労働省の通達文(職場における熱中症の予防について)や文部科学省の依頼(熱中症事故等の防止について)などに、熱中症を予防するための飲料として、「塩分濃度0.1~0.2%」の飲料が望ましいとされています。また、公益財団法人 日本体育協会の「スポーツ活動中の熱中症予防ガイドブック」には、1時間に2リットルなどの多量な発汗を伴う運動中には、「0.1~0.2%の食塩と4~8%の糖分」を含んだ飲料をすすめています。ポカリスエットは、糖分・塩分ともに、この濃度の飲料です。薄めずにご利用ください。

ポカリスエット公式サイトQ &A

熱中症対策で飲んでいるのにも関わらず

水分の吸収が遅いとなると

却って危険ですよね。

しかし、糖分や塩分を気にしている方もいると思います。

次の項目では、健康を気にする方に向けて

ポカリを飲む方法をご紹介していきます。

何故薄める人がいるのか?

もちろん健康を気にしている人が多いとは思います。

しかし、ポカリスエットには粉末状になっているものもありますよね。

昔はペットボトルではなく

粉を水に溶かして飲むのが主流でした。

その名残があり、粉を薄めて飲んでいた人が

ペットボトルのポカリは味が濃いから水で薄めよう!

という思考で薄める方も多いのではないかと。

※推察です。

健康を気にする人は?

ポカリスエット(ペットボトル)は

100mlあたりエネルギー25kcal.炭水化物6.2

食塩相当量0.12gが含まれています。

食事の制限をされている方や

筋トレやダイエットをしており

食塩や糖分、炭水化物を気にしている方は是非参考にしてみてください。

私も筋トレをしているので、糖分は気にしています。笑

まとめ

最近猛暑が続いています。

コロナが流行っているとはいえ

止むを得ず外出する機会は多いですよね。

そこで欠かせないのがポカリスエットです。

飲む点滴とも言われていますよね!

しかし、よかれと思って水で薄めて飲むのはやめましょう。

素人が点滴を薄めても逆効果ですよね。

健康を気にしている方でも

熱中症になっては元も子もありません。

そのまま飲んで熱中症にならないようにしていきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました