河瀬直美が「望まぬ妊娠」に持論。多くの共感を呼んだ言葉がこちらです…。

トレンド
スポンサーリンク

「スッキリ」で…

2020年11月4日放送の、情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)では、同月1日に犯人が逮捕された、女児遺棄事件について特集。

同番組によると、逮捕された23歳の女性は、羽田空港のトイレで女児を出産し、その後、近くの公園に遺体を埋めたと容疑を認め

grapeより引用

こちらの事件について

河瀬直美さんが持論を展開したそうです。

実際に話されていた言葉を見ていきましょう。

河瀬直美の持論とは?

この人たち(望まぬ妊娠をした女性)には、やっぱり母性はあるし、子供を手放したくない、できれば育てたいっていう。

環境があればね、そうできるんだけどそうできないっていうようなところで。

(事件を起こした女性に対し)何か助けになる制度だったりとか、近しい人がいなかったのかなって、本当に今残念で仕方ないです。

何かもっと、この人だけを責めるだけでなく、社会のありようを、もっともっと私たちが考えていかなければならないんじゃないかなと思います。

スッキリより引用

本当にそうですよね。

望まぬ妊娠をしたとしても子供を授かったのは事実。

大切に育てたいという思いはあったはずです。

もう少し社会のありかたを変えれば

この女性も遺棄しないで済む方法があったかもしれません。

更に性教育についても話されていました。

河瀬直美さんは性教育についても

妊娠が本人にも分からないっていうことが、(望まぬ妊娠をした女性への)取材で分かったことなんですよ。

中絶期間を過ぎているんだけれども、その後、やっと妊娠が分かるっていう。

つまり、普段から生理の周期がばらばらで。生理がきていないけど、妊娠をしているっていうことが分からない状態。

(生理がこない期間が)半年とかというのが「いつもそんな状態なんだ」っていうことみたい。

また、これ本当に父親って誰なんですかって話ですよね。

男性はそれでもある意味逃げられてしまう。

女性の中には命が宿るわけで、そして(妊娠に)気付かなければ自分(妊娠した女性)にだけいろんなものが負荷がかかってくるっていうような状態。

だから、やっぱり幼少の頃からの性に対する具体的な啓発も必要だと思いますし、人間としてどうあるべきかとか、もっと周りの大人たちが(教えるべき)。

それって別に恥ずかしいことじゃなくて、当たり前のことだから、それをしっかり伝えていくこと。

スッキリより引用

将来のことを考えると

性教育はもっと徹底的に実践していかねばならないことなのかもしれません。

当たり前のことではありますが

しっかりと伝わっていないのは事実です。

どうにかして、性教育の質を高めたいと思いますね。

多くの共感

・「人間としてどうあるべきか」という言葉、その通りだと思います。子供ができることがどういうことか、性行為の前にしっかりと考えないと。

・河瀬さん、よくいってくれました。性行為をする時に、男女関係なく「子供ができた時に責任が持てるのか」をきちんと考えなければいけない。

・妊娠は1人で出来るものではないから。性行為について、正しい意識をみんなが持たないと、悲しい事件が繰り返されるだけです。

grapeより引用

このように多くの共感を呼びました。

望まぬ妊娠は多くの人が悲しんでいます。

それを1つでも多く減らせるように

しっかりとした性教育をしていかねばなりません。

少しずつでも、実践していくことができれば

結果は変わってくるはずです。

子供が生まれるとはどういうことか…。

今一度見直さなければなりませんね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、望まぬ妊娠についてご紹介しました。

ただ欲を晴らすために行った結果

子供ができてしまっては、誰も幸せになれません。

しっかりと考えてから

そのような行為をしていくように

今の子供たちに教えていかねばなりませんね。

出典:grapeスッキリ

コメント

タイトルとURLをコピーしました