飯塚幸三予備軍の子ども6人が軽トラを運転した結果…住宅に突撃し悲惨な目に…。

トレンド
スポンサーリンク

事故の詳細

14日午後7時40分ごろ、

香川県坂出市で6人が乗った軽トラックが

住宅のブロック塀に衝突し、16歳の少年1人が死亡、2人が重体です。

見ての通り軽トラックは悲惨な状態になっています…。

住宅の住民の容態は

軽トラックが突っ込んだ住宅に住んでいた住民は

誰も怪我はしなかったとのこと。

現在は警察が事故の状況を調べているそうです。

住民に怪我がなくてよかったです…。

事故の犯人は…。

軽トラックには運転席と助手席のほか、

荷台に4人の合わせて6人が乗っていたとみられます。

このうち助手席に乗っていた

16歳とみられる少年が1人が死亡、2人が重体です。

ほかの3人も病院に搬送されています。6人は全員少年とみられています。

まさかの6人全員が少年とのこと。

ということは、全員無免許でしょうか。

何故こんなことになってしまったのか…。

謎が深まるばかりです。

何故こんなことに?

荷台に乗っていた人も含め

6人全員が少年だということがわかりました。

では何故少年だけで軽トラが走っていたのか

イタズラ目的で軽トラを盗難し、そのまま運転したのか

あるいは、運転している少年は免許を持っていたのか。

少年たちの年齢の詳細は不明ですが

事故が起きる前も何かしら、よからぬ事が起きたようにも考えられます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

事故の詳細は現在警察が調査中です。

1人が死亡し、2人が重体。

かなり悲惨な事故です。

最近は交通事故が多発しているように思えます。

あなたも他人事ではありません。

運転する際は、気をつけてくださいね。

出典:YAHOO!JAPANニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました