【神乳】誰もが二度見してしまう最強のえちえちボディーを誇る美女が話題にwww

トレンド
スポンサーリンク

人によって憧れるスタイルは様々です。

可愛い系、綺麗系、クール系、ゴージャス系などなど。

しかしこの女性は、それらとは訳が違う。

驚異的な胸囲を誇っています。

失礼しました、こちらになります。

ZZカップの女性

こちらの女性なんとZZカップ!!!

米ミシガン州に暮らす「フォクシー・メナジェリー」(42歳)さんは

胸のサイズにコンプレックスを抱えており

自身の憧れである大きい胸を手に入れるべく

豊胸手術を受けました。

しかし、彼女の場合は大きな胸に対する憧れとこだわり

人より大きかったように思えます。

まるでカービィでも埋まっているかのようですが…。

ZZカップのバストです。

手術を決意したきっかけ

フォクシーさんが初めて豊胸手術を受けたのは約6年前。

離婚して心機一転、新たな人生のスタートとして

豊胸手術を決意したそうです。

それをきっかけに豊胸手術の虜になってしまったとか。

「まだまだ大きくするわよ。どこが最終的なゴールになるかは分からないけどね」と抱負を語るフォクシーさん。

胸の筋肉組織の下に生理食塩水が入ったエキスパンダーを注挿し

皮膚を伸ばしてからインプラントを入れる豊胸手術を繰り返した結果

現在、フォクシーの胸には6640ccのインプラントが入っています。

「7000ccまであと少し、どれだけ大きくできるかは、皮膚がどこまで伸びるかにかかってるわね」と語っています。

日常生活での支障

日常生活では、胸が原因で危険も多く

「これまで当たり前にできてたことが、サイズアップと共に急にできなくなるのよ。料理、特にコンロで調理するのは厳禁ね。階段を下りるのも命がけよ。しっかりと手すりを掴みながら下りるの」と言っており、胸で視界が悪くなるのも確認できます。

外出先では

もちろん外出先では注目の的であり

記念撮影をお願いされるのは日常茶飯事だそう。

こちらの男性も、嬉しそうに写真を撮っていますね。

私も一緒に写真撮りたいです。笑

家族からは

家族からの理解は得られていないようです。

「生まれ持った自然な姿からだいぶ変わってしまったから…今の私の姿を受け入れることが難しいという気持ちは分かるの」

と涙ながら話しています。

確かに、家族からすると

大事な娘がこんなにもかわってしまうのは

理解するのが難しいでしょう。

次はお尻

「次は手術でお尻を大きくする予定よ。楽しみだわ」と自他共に整形中毒であることを認めています。

事前に下調べをしてから

腕の良いクリニックで適切な処置を受ける予定だと語っています。

整形することのリスクを十分考慮し

自分の身体的なリミットに向き合って手術をしていると主張するフォクシーさん。

しかし、胸の重量でどれだけ身体に負担がかかっているのかは気がかりです。

ここまでくると、自分でも歯止めが効かないのでしょう。

美容整形は決まったゴールがありません。

もっと美しくなりたい、もっと魅力的になりたい。

その向上心から美容整形を繰り返し、依存してしまう人も決して少なくありません。

すっかり美容整形に夢中になってしまったフォクシーさんも

自分の身体と向き合うことが大切かもしれませんね。

何事にも依存しすぎないように気を付けていきましょう。

英語音声のみになりますが、自身の美容整形を語るフォクシーさんの動画はこちら。

I'll Never Stop Enlarging My Boobs | HOOKED ON THE LOOK

コメント

タイトルとURLをコピーしました